INDUSTRIAL DISPOSAL

Q&Aコスト削減活動レポート

2017.11.30

大阪市でペンキ・接着剤・ボンド等の廃液処分にお困りの業者様へ。廃液の適正廃棄処分ならお任せください。

こんにちは。最近よく、北陽の伊藤ちゃんに似ていると言われる産廃女子の花ちゃんです。そうかなー。
皆さまの「廃棄物」のお困り事・お悩み事・ご質問にお答えすべく、日々邁進中。(わからないことは産廃オタクの上司にききますのでご安心を!)

どんな廃液の処分でお困りですか?

「ペンキや塗料の引取りってされていますか?」
「ボンドや接着剤の少量でも取ってもらえますか?」
「シンナー・溶剤系統の液体処理の処理って、どうやったらいいんですかね」
等々、毎日のように廃液のお問い合わせをいただきます。

ペンキからボンド・溶剤までお任せくだい!少量もOK!

ジェイ・ポートはいままで、いろんな種類の廃液の収集運搬をさせていただいています。
といいますのも、弊社には廃液の「処分業許可」がないので処分は専門の業者に委託しています。
ジェイ・ポートは廃液の「収集運搬業許可」、さらに酸性が強かったり、引火性のある液体「特別管理産業廃棄物」の許可も持っているので、いろんな種類の液体物の取り扱いが可能なんです。

廃液処分の簡単な流れ

①お問い合わせ(TEL:0120-445-138)
②廃棄物内容の確認
➂お見積り
④ご契約
⑤回収、又はお持ち込み
⑥マニフェスト発行
⑦現金でのご精算
⑧マニフェストを最終までご返却
と、簡単にこのような流れでさせていただいています。

さらに嬉しい混載でのお持ち込みも可能!

その他の廃棄物や廃液を一気に持ち込んでいただくことも可能です!
なので処分をお考えの廃棄物を1回のご来場でお済ませいただけます。
例えば、実際にあったのが
◆ペンキの一斗缶とプリンターとその他廃材
◆溶剤とオフィス用品 等々

いろんな種類の廃棄物を一回でお持ち込みいただけるのが弊社のメリットの1つです!

これから年末に近づくにつれ、会社や現場から出る廃棄物の量は増える一方!
廃液だけでなく、その他の廃棄物の処分もお任せください!

産業廃棄物の収集・お持ち込みは
株式会社ジェイ・ポート

現在、大阪此花廃棄物一括持込センターも絶賛稼働中
大阪此花廃棄物一括持込センター

29年度年末年始のお知らせ(持込)


年末は
鶴見持込センターは12月31日まで
此花持込センターは12月30日まで営業いたします!

お問い合わせ・お見積り相談は
0120-445-138 
までご連絡ください!

 

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

花ちゃん

花ちゃん イラストレーター花ちゃん

産廃新入生の花ちゃんです。
趣味は料理とバレーボールです。

記事一覧を見る