INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識活動レポート

2019.07.16

不要なパソコンの処分の注意点

不要なパソコンや放置しているパソコンの処分方法が分からないという企業は多いのではないでしょうか。

今回は不要なパソコンを処分するとき気を付けたいことを紹介します。

 

パソコンは粗大ごみではない!?

平成15年10月1日に資源有効利用促進法が制定され、パソコンは粗大ごみとして捨てる事ができなくなったのです。そのため、パソコンの処分は業者に回収してもらいましょう。

 

業者に回収を依頼する際の注意点

業者は壊れているパソコンでも回収してくれるのでとても便利です。中には電話をすると回収に来てくれるのでとても助かりますよね。

しかし、回収業者に回収を依頼する場合は、あらかじめ処分費用が発生するのかの確認をする必要があります。回収業者によっては費用もバラバラなので必ず調べておきましょう。

 

古いパソコンには情報が蓄積されている

古いパソコンには個人情報や仕事上の機密データなど、大事なデータがたくさん入っています。ですので、パソコンをそのまま捨てるのは危険なのでやめましょう。

古いパソコンを安易に処分したために、機密情報が流出してしまい大問題になってしまった例はたくさんあります。

古いパソコンからの情報流出や企業の重要データの漏洩は、企業を揺るがす重大な事態に繋がります。

ですので、データをしっかりと消去するか、安心できる業者に頼むことをおすすめします。

 

最後に

ジェイ・ポートはパソコンを捨てるタイミングがない、面倒くさいを払拭できるサービスがあります。徹底した適正廃棄を行っているので、安心してご相談ください。

またパソコン以外の不用品の回収を行っているので、お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る