INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2019.09.30

オフィスから出るゴミは産業廃棄物?

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

 オフィスから出るゴミって全部産業廃棄物になるの?など、どれが産業廃棄物でどれが一般廃棄物かわからない会社の方も多いのではないでしょうか。

今回はオフィスから出るゴミについてご紹介します。

 オフィスから出るゴミはどんなゴミ?

オフィスから出るゴミは全て産業廃棄物になるわけではありません。オフィスから出るゴミでも一般廃棄物があります。では、どんなものが事業系一般廃棄物または産業廃棄物になるのかをご紹介します。

 ティッシュペーパー、生ゴミ、野菜くず、紙くず、リサイクル可能な紙類、リサイクル出来ない紙類、その他木くず・繊維くず、割りばし、お菓子の紙製箱、たばこの吸い殻などは「事業系一般廃棄物」となります。

缶、瓶、ペットボトル、ガラス製品、蛍光灯、プラスチック製品、陶磁器製品、金属製品、化学繊維製品などは「産業廃棄物」となります。 

ただし、木くず、繊維くずは業種によって産業廃棄物に該当する場合もあります。

 

まとめ

我々ジェイ・グループでは事業系一般廃棄物は”有限会社城東衛生”、産業廃棄物は”株式会社ジェイ・ポート”で処理を承っております。
オフィスゴミの処理にお困りのお客様はお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る