INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2019.11.14

産業廃棄物処理業者はどうやって選べばいいの?

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

 

産業廃棄物処理業者は全国各地に14万社あると言われます。その中から自社の希望に合った処理業者はどこなのか、悩んでしまいますよね。

今回は何に気を付けて業者を選んだらよいのか、紹介したいと思います。

 

絶対確認するべきポイントは?

処理業者を選定、委託する際にどんなに時間がなくても最低限ここだけは確認しなければいけないポイントがあります。

〇産業廃棄物処理の許可を取得しているかどうか

産廃処理の許可は廃棄物の収集や運搬に対する許可と廃棄物の処分(中間処理及び最終処分)に対する許可に分かれています。ですので、自社の目的に合った許可を持っているかをきちんと確認しましょう。

許可とは、産業廃棄物処分業許可証といい、この許可証には取り扱って良い廃棄物の種類が記載されています。日本国内の産業廃棄物業者はこの許可証に記載されている内容にことしかできません。

産業廃棄物を取り扱う許可がなければ、委託はできません。また、許可がないのにもかかわらず委託すると法令違反となり、5年以下の懲役もしくは、1000万円以下の罰金が課せられます。

 

まとめ

産業廃棄物処理の許可を取得している企業をしっかりと把握し、許可を得ていない業者への委託は行わず、しっかりと任せられる産業廃棄物処理業者を選びましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る