INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2020.01.23

廃タイヤの処分方法

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

 使わなくなってしまった廃タイヤなどはございませんか?

今回は廃タイヤの処分方法についてご紹介していきます。

 

廃タイヤの処分

廃タイヤは「ゴムくず」と勘違いされる方が多いのですが、実は廃タイヤは「ゴムくず」にはならないのです。廃タイヤは、産業廃棄物項目の「廃プラスチック類」にあたります。

ゴムくずとは、天然ゴムを原料とする廃棄物のことを指し、廃タイヤのようなものは「廃プラスチック類」に分類されます。

「廃プラスチック類」には業種指定等がないため、事業活動によって出た廃タイヤは、全て産業廃棄物になり、自治体の公用車等の廃タイヤも産業廃棄物になります。

 

持ち込みの流れとしましては、以下のような流れになります。

①場所の確認

②ご来場

③内容確認

④荷下ろし

⑤マニュフェスト発行

⑥清算

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は廃タイヤの処分についてご紹介してきました。廃タイヤだけではなく、処理困難物も対応しております。

最短8分で処理完了いたしますので、お気軽にご連絡くださいませ。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る