INDUSTRIAL DISPOSAL

Q&Aマメ知識

2020.02.17

家電とリサイクル家電の違い

皆様の疑問やお困りごと、任せてください、お調べします。頑張ります。

産廃オールラウンダーの東田です。

ジェイポートスタッフブログもよろしくお願いします!

 

〜家電とリサイクル家電の違い〜

皆さんのご家庭や職場でも沢山の家電があると思います。

 

電子レンジ・トースター・ポット・コピー機・モニター・電話機・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビなど

 

色んなものがありますが、特定家庭用機器再商品化法(通称:家電リサイクル法)という法律により有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物の減量と資源の有効活用、適切処理することが求められる家電があります。

それが

冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(乾燥機)・テレビ・エアコンの4つです。

 

 

これらがリサイクル家電(特定家電)と呼ばれるものです。

https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/kaden_recycle/fukyu_special/index.html (経済産業省URL)

 

通常のポットや電子レンジの家電と違い、通常の産業廃棄物と違い、決められた場所に搬入する必要があります。

 

一般のご家庭で処分をさえる場合は、新たに購入した店舗で問い合わせて頂き、入れ替えの際に引き取って頂くなどの方法もございます。

その際は、リサイクル家電の処理費と運搬費などが必要となる場合が多いのでお問い合わせしてみてください。

 

 

弊社では、通常の家電は、産廃処理を行い、リサイクル家電は、指定場所への運搬をさせて頂いております。

 

 

家電の処理でお困りの方、ぜひ一度、ご連絡ください。

 

株式会社ジェイポート

06−6963−5351

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

東田 佳起

東田 佳起 産廃オールラウンダー

皆さまの産廃お困り事を解決できるよう、日々勉強中!
営業・事務・現場に奔走中!

記事一覧を見る