INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2020.04.07

ごみはこれらにリサイクルされる!

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

 

資源ごみはどんなものにリサイクルされるかご存じですか?ごみはただ捨てられるだけではなく、新たなものに生まれ変わることによって地球環境に優しくすることができます。

今回は日頃私たちが捨てているものがどんなものに生まれ変わっているのかご紹介します!

 

使えなくなったガラス瓶もリユース、リサイクル!

ガラス瓶には、繰り返しの使用を前提としたリターナブル瓶と一度きりの使用を前提としたワンウェイ瓶があります。

リターナブル瓶は洗浄することによって何度も繰り返しリユース(再使用)することが可能です。破損などによって使用できなくなった場合はリサイクルすることができます。

ワンウェイ瓶は使用が終了したらリサイクルされます。

ガラス瓶は細かく砕いたカレット、ケイ砂、石灰水、ソーダー灰から作られています。ガラスは何度でも新しくリサイクルできるのがポイントです。

 

あらゆるものにリサイクルできるペットボトル!

ポリエチレンテレフタラートという樹脂でできるペットボトルは衣料品、プラスチックのトレー、障子紙、ネットなどの様々なものリサイクルの手段があり、とても便利なものとなっています。

 

プラスチック製容器包装はおなじみ!?

プラスチックは石油から生まれた合成樹脂のことを指します。プリンやアイスのカップ、発泡スチロール、レジ袋など多くの商品のパッケージでおなじみですね。プラスチック製容器包装は燃やした時の発熱電などの熱利用されているものが約60%となっています。

 

最後に

いかがでしょうか?他にもまだまだ沢山あります。

リサイクルのことを意識してごみを分別しましょう!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る