INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識活動レポート

2020.05.09

「第二線」で働く人々。

ワタシの名前は森田一誠。人呼んで、サンパイせぇるすまん。
ワタシの取り扱う品物は企業様から出るサンパイ。。。
産業廃棄物で御座います。
「その産廃、お埋めします」

・・・勝手に埋めたらダメです!
産業廃棄物の処理は法で定められた手続きに従い、適正に処理しましょう。
廃棄物の適正処理は公衆衛生の向上に繋がります。そして清潔な環境をキープすることは伝染病の蔓延を防ぐのに役立ちます。


HiCさんによる写真ACからの写真                                                         


今回は最近COVID-19関連のニュースを見ていて気になった記事をシェアしたいと思います。

【写真特集】都市封鎖下の生活を支える不可欠な存在 「第二線」で働く人
https://www.afpbb.com/articles/-/3281251

医療現場で働く皆様はもちろん「第一線」ですが、我々のような廃棄物処理従事者やスーパーマーケットで働く皆様、物流で働く皆様など、非常時でも働く人の姿をとらえた見ごたえのある写真特集です。

先日の記事にも書きましたが我々廃棄物処理業者はそもそもの始まりが伝染病の流行の防止ということもあり、清潔な環境を保つためにも継続的に廃棄物処理を行っていく必要があります。

ご理解・ご協力のほど改めてお願い申し上げます。

株式会社ジェイ・ポート

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

森田 一誠

森田 一誠 笑う産廃セールスマン

入社したてで産廃のことはまだまだ勉強中ですが、皆さんのお役に立てるような環境情報を発信していきます!

記事一覧を見る