INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2020.05.18

木造スケルトン解体とは?

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

 

住まい造りの際に、新築、リフォーム、リノベーションなど、どの工事にも必ずと言っていい程ついてくるのが解体工事。

その解体工事もさまざま。

近年、新築のみならず、リフォーム、リノベーションのニーズが高まる中、減築やスケルトン解体などの言葉を耳にすることもちらほら。

 

木造スケルトン解体の場合、築年数によってまちまちですが、多くは築年数30年以降の物件になると思われます。

古い木造住宅ですと、真壁造りと言って、柱を露出させる仕上げが多く、見慣れた柱や色合いが多く存在しますよね。図面がない住宅では分からない筋交いや柱の配置、おおよそ把握は出来ますが、スケルトンの状態にすることで、よりはっきりと把握することができます。

水廻りリフォームでは、わりと高い確率で発見される木部の傷みもはっきりと分かります。

改修計画やメンテナンスの観点ではやりやすいですね。

 

まとめ

住まいや店舗の新築、リフォーム、リノベーションなどを考えている皆様、一度、ジェイ・ポートにご相談ください。ジェイ・ポートではスケルトン解体から、廃棄物の搬出・運搬・処理まで行っております。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る