INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2020.05.21

活動自粛中の大量のゴミはジェイ・ポートにお任せください!

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

 

今回のコロナウイルスの影響で出前やテイクアウトの活用が多いのではないでしょうか。

社員数が多い企業であれば大量のゴミが出るかと思います。

そこで問題となるのが「ゴミの処分方法」ではないでしょうか?

 

現在、飲食店では、コロナウイルス対策として出前でもテイクアウトでも使い捨ての容器を使用していることが多いようです。そのため必然的に廃棄される空き容器の量も多くなってしまいます。

容器が「紙」製の場合は事業系の一般廃棄物として処理することが出来ますが、「プラスチック」製の場合は廃プラスチックに該当し、産業廃棄物として処理する必要があります。

同じようにペットボトルは廃プラスチック、缶は金属くず、空き瓶はガラスくずとそれぞれ産業廃棄物として処理する必要があります。

 

私たちジェイ・ポートでは食べ物を入れていたプラスチックパック、瓶、缶、ペットボトルを全てまとめて回収します!

休日や早朝の回収なども、事前にご相談いただければ対応可能でございます。

料金も実数量も計量した上での請求になるので、明朗会計になります。マニフェスト発行もいたします。

 

産業廃棄物を処理するならジェイ・ポートにお任せください!ご連絡をお待ちしております!

 

ジェイ・ポートでは、月一回お役立ち情報満載のメールマガジンを配信しております。
配信希望の方は jport5351newsletter@gmail.comに「メルマガ配信希望」とタイトルを入れて頂き空メールを送信してください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る