INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2020.05.21

鉄筋コンクリート造スケルトン解体

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

 

一口にスケルトン解体と言っても、解体する構造によって

鉄筋コンクリート造スケルトン解体

木造スケルトン解体

鉄骨スケルトン解体

と複数のものがあります。

その中で今回は鉄筋コンクリート造スケルトン解体についてご紹介いたします。

 

鉄筋コンクリート造でよく取り上げられるのはマンションです。

築年数によっては吹き付けの断熱が施されているケースもあります。

これは解体前に知っておきたい情報ですね。

中にはアスベストなど、処理を専門の業者に依頼し、高額の処理料金を負担なければならない場合もありますので注意が必要です。

 

パイプシャフトや電気配線等、変更できない要素もありますので、解体前後にはしっかり確認しておきたいところです。

ただ鉄筋コンクリート造は、木造、鉄骨造と比較すると構造は分かりやすく、間取りのイメージがしやすいというメリットもあります。

 

まとめ

いかがでしたか、ジェイ・ポートでは鉄筋コンクリート造スケルトン解体をはじめ、木造スケルトン解体、鉄骨スケルトン解体を取り扱っております。スケルトン解体をご検討の企業様はジェイ・ポートまでご相談ください。

 

ジェイ・ポートでは、月一回お役立ち情報満載のメールマガジンを配信しております。
配信希望の方は jport5351newsletter@gmail.comに「メルマガ配信希望」とタイトルを入れて頂き空メールを送信してください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る