INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2020.07.31

ノートパソコンの処分方法について

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

会社で使用するパソコンの捨て方について分からない方が多いのでないでしょうか。

パソコンの捨て方にはルールがありますので、紹介していきたいと思います。

 

処分する前に

 パソコンを処分する前に、忘れずに行うことが2つあります。

①パソコンのデータを削除する。

削除しないで廃棄する場合、第三者に悪用される可能性があります。さまざまな重要情報があるため、データが流出してしまいます。

②管理シールや資産台帳の記載を削除する。

管理シールは、どの会社がパソコンを所持していたか、第三者にバレてしまう恐れがあります。資産台帳に載ったままにすると、棚卸や決算の時に混乱してしまうの注意が必要となります。

 

会社用パソコンの廃棄ルールとは

 会社のパソコンは事業系パソコンと呼ばれ、一般家庭のパソコンとは扱いが違い、パソコンは「産業廃棄物」に該当します。自治体に処分を依頼することができないので、処分する際は、メーカーに依頼するか産業廃棄物の専門業者にお願いをします。

 また、会社などで使うパソコンはPCリサイクル法に沿って、適切にリサイクルする必要があります。2001年に制定されたPCリサイクル法では、メーカーが責任を持って自社のパソコンを回収・リサイクルすることが義務になりました。

さらに、マニフェストを順守しましょう。マニフェストとは、産業廃棄物の処理委託に必要な書類のことです。産業廃棄物の廃棄や不適切な処理を防ぎ、確実に処分するためには、マニフェストに従って進めます。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。ノートパソコンを処分する際はルールを守り、正しく処分しましょう。

ジェイ・ポートでは、貴社の事業所まで回収を伺います。

お困りごとや疑問点などがございましたら、お気軽にご連絡お待ちしております。

 

ジェイ・ポートでは、月一回お役立ち情報満載のメールマガジンを配信しております。

配信希望の方は jport5351newsletter@gmail.comに「メルマガ配信希望」とタイトルを入れて頂き空メールを送信してください。

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る