INDUSTRIAL DISPOSAL

Q&Aマメ知識

2017.06.07

木製パレットはどうやって処分したらいいの!?大阪市でお困りの企業・業者様へ

ワタシの名前は森田一誠。人呼んで、サンパイせぇるすまん。
ワタシの取り扱う品物は企業様から出るサンパイ。。。
産業廃棄物で御座います。
「その産廃、お埋めします」

勝手に埋めたらダメです!

・・・今日も質問がきてます。

「倉庫業を営んでおりまして、日常的に大量の木製パレットを利用しています。このたび、新しい木製パレットを購入したので、これまで使っていた古い木製パレットを処分したいと考えております。廃棄物の種類としては”木くず”に当たると思いますが、弊社は”特定の事業”には該当しないので事業系一般廃棄物として処理できますでしょうか?」

木製パレットは事業系一般廃棄物?それとも産業廃棄物?

単刀直入に答えますと”産業廃棄物”です。

ご質問の通り”木くず”は、

①建築業に係るもの
②木材又は木製品製造業(家具の製造業を含む)に係るもの
③パルプ製造業
④輸入木材の卸売業及び物品賃貸業に係るもの

以上の業種から生じたものが産業廃棄物と定義されています。
しかし、木製パレットは”木くず”ではありますが、平成20年から全ての業種から生じた木製パレットが”産業廃棄物”に指定されました。

ですので、木製パレットは”産業廃棄物”として法律に従った厳格な処分が必要となります。

お分かりいただけたでしょうか?

産業廃棄物は適正に処理しましょう!

産業廃棄物の適正処理はジェイ・ポートにお任せ下さい!

06-6963-5351
お気軽にお問合せください!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

森田 一誠

森田 一誠 笑う産廃セールスマン

入社したてで産廃のことはまだまだ勉強中ですが、皆さんのお役に立てるような環境情報を発信していきます!

記事一覧を見る