INDUSTRIAL DISPOSAL

Q&A

UPDATE :2023.06.07 
POST :2017.08.31

事業所から出る蛍光灯は産業廃棄物ですか?品目は何に当たりますか?

事業活動に伴って排出される蛍光灯は産業廃棄物です。

品目は一般的な物は、ガラスくず・金属くず・廃プラスチック類の不可分一体の混合廃棄物です。マニフェストへの記載は、種類欄に【混合廃棄物(ガラスくず・金属くず・廃プラスチック類)】となります。

最近増えているのが蛍光灯の問合せです。いつもお世話になっているお客様からも平成29年10月から、「どのように変更されるのか?ジェイ・ポートでも引き続き対応できますか?」とのお電話を頂いております。

また新規でのお問い合わせで蛍光灯は産廃として処分しないといけないのですか?、マニフェストの廃棄物種類は何になりますか?と相談を受けております。


蛍光灯のまとめ

 

蛍光灯が処分できなくなる?

ジェイ・ポートでは蛍光灯の処理に関する問い合わせを依然として頻繁に頂いております。

特に事業所などではたくさんの蛍光灯を使用しているところも多いのではないでしょうか?

ところで、何故蛍光灯処分の質問が増えているのかは、法改正により、蛍光灯が処分できなくなるという誤った情報まで流れてしまっているからのようです。蛍光灯は産廃処理可能ですが、今までと処分の方法が変わります

蛍光灯には有害物質である水銀が含まれており、埋められた蛍光灯から水銀が放出され環境汚染を招く危険性があります。

そんなことにならないためにも蛍光灯は適切に処理しましょう。

法改正の内容

 

法改正の内容は以下にて、要点のみ記載します。

2. 政令の概要のポイント

水銀使用製品産業廃棄物(←蛍光灯はこちらに該当します)及び水銀汚染物の処理基準等を追加する(水銀使用製品産業廃棄物について破砕することのないように運搬すること、相当の割合以上に水銀等を含むものは水銀を回収してから処分すること、等)

3. 施行期日

廃水銀等の硫化・固型化の基準並びに水銀使用製品産業廃棄物及び水銀汚染物の処理基準については平成29年10月1日。

上記の破砕することのないように運搬とは、割ってはいけないということです。

 

実際に廃棄したい蛍光灯が出てきたら?

事務所や工場から廃棄したい蛍光灯が出てきたら、まずは産廃業者を探しましょう!

各都道府県には、環境局や資源循環協会がありますので相談すれば業者を紹介してもらえます。

使用済みの蛍光灯の保管方法

蛍光灯は他の廃棄物と混合して保管することが法令上禁じられています

また、割れないように緩衝材を巻いたり、段ボールに保管するのが良い方法だと言えます。

例としては輸送時・販売時の蛍光灯のように衝撃を和らげるようにするのがポイントです。

心配であれば頑丈な箱に保管する方が安心できると思います。

万が一、持ち運ぶ際に割れてしまった場合でも処理をする際は水銀使用製品産業廃棄物になりますので注意が必要です。

割れた水銀使用製品産業廃棄物は処理費がぐんっと高くなってしまうため、割らないようにお気をつけください。

ちなみに使用した蛍光灯には黒い粒がついており、「虫の卵!?」なんて思うかもしれませんがこれは違います。

これは使用していることで中に含まれる水銀が蒸発し、管内に付着したものです。

蛍光灯の両端が黒ずんできたら蛍光灯の寿命がきているという知らせです。

蛍光灯の寿命は大体6000時間〜12000時間と言われており、

1日に8時間使用すると考えると2年から4年ほどです。

 

蛍光灯を含むランプ類の種類

まず、大きく「水銀を使用しているランプ」と「水銀を使用していないランプ」に分けられます。

「水銀を使用していないランプ」は通常の産業廃棄物処理が可能なので、しっかり分別をしていないと必要以上の処分費がかかってしまう可能性があります。

正しい分別を行い、適正処理を心掛けましょう。

分別と言っても何が何かわからない方も多いかと思いますので解説していきます。

 

水銀を使用しているランプ

蛍光ランプ類

直管蛍光灯(棒状の物)-店舗やオフィスに多い

サークル管-一般家庭によく使われる

ツイン菅

HIDランプ

水銀灯-工場や倉庫に使われることが多い

ナトリウム灯-トンネルの照明に使われる

CCFL

冷陰極蛍光灯-パソコンのモニターや液晶テレビのバックライトとして使用される

 

水銀を使用していないランプ

白熱電球

ハロゲン電球

LEDランプ

よく聞くお客様の声

「少量の廃棄物なので、持込で処理したいが、蛍光灯が混ざっているため他の業者に断られた。」

→弊社は、水銀使用製品産業廃棄物を処理できる許可を取得してますので、お持ち込み可能です!

「蛍光灯とかあんまり出ぇへんからまとめてるねんけど、そういうのも持っていっていいん?」

→はい、ぜひお持ち込みください。

「蛍光灯3本しかないんやけど…」

→もちろん、1本からでも引き取ります。

ジェイポートが1本から引き取り出来る理由はこちら

「蛍光灯が50本ぐらいあるねんけど、何キロぐらいになるんかなぁ」

→40Wの直管の蛍光灯でしたら、4本、1kgの目安で計算します。

「蛍光灯にラインが入ってるねんけど、いける?」

→はい、可能ですが、少しお値段が上がります。

「蛍光灯のサイズが2倍のサイズのやつでもいけますか?」

→可能です。ぜひお持ち込みください。

蛍光灯を処理する業者を選ぶポイント

・水銀使用製品産業廃棄物を処分・収集運搬できる許可を持っているか

蛍光灯・水銀灯に関しては水銀使用製品産業廃棄物の許可がないとダメです

・マニフェストは発行しているか

マニフェストは廃棄物が適正に処分されているか確認するために必要です。

・見積を取得する

見積を事前にとることで、回収後に高額な処分費用を請求される可能性が低くなります。

・優良認定を持っている

優良認定を持っているということは国からお墨付きをもらえてるということです

 

蛍光灯を処理するなら

1.電話やホームページの問い合わせフォームからお問い合わせ、見積のご相談

2.産業廃棄物処理委託契約書の締結

3.鶴見工場へお持ち込み頂く、もしくはジェイ・ポートの運搬車両にて回収

4.廃蛍光灯と一緒に所定分のマニフェストのお預かり

5.廃蛍光灯を処分場へ運搬

 

まとめ

今回は疑問に思うであろうものをピックアップし、お伝えしました。

ジェイ・ポートでは水銀を大気放出させることなくリサイクル処理を行う処分先との契約を行っております。

また、オフィスや工場、事務所などで使用した「水銀使用製品産業廃棄物」としての蛍光灯の処理が1本から可能です。

「蛍光灯の処理ができない!」とお困りのお客様はぜひジェイ・ポートまでお持ち込みください。


0120-445-138

▼こちらの記事も合わせてご覧ください

使用済みの蛍光灯の保管方法

 

 

LINE無料診断バナー

株式会社ジェイ・ポートでは、だれでもカンタンに産廃処分ができる産廃コンビニをご提供しております。
▼詳しくはこちらまで▼

蛍光灯や電池などの処理困難物も1つから承ってます。
▼詳しくはこちらまで▼

事務所から出る蛍光灯は産業廃棄物ですか?

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

中畠 尚史

中畠 尚史 産廃オタク

なんでも応える提案のプロを目指します。

記事一覧を見る