INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2020.03.27

冷蔵庫の処分方法

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

 新しい冷蔵庫を買い替えたいけれどどう処分すればいいのか誰もが悩んでしまうと思います。冷蔵庫は大きいため、持ち運ぶのが大変ですよね。ですが、処分方法はもちろんあります。

今回は冷蔵庫の便利な処分方法についてご紹介していきます。

 

 買取専門店での買取

冷蔵庫を捨てるのではなく、買い取ってもらう方法があります。使い古して状態の悪いものは値段がつかない場合もありますが、比較的新しいものであれば、リサイクル料金と収集運搬料金をかけず、買取金額をもらえる場合もあります。年式が浅く、高性能なほど高値で売れる可能性があります。

 

販売店に引き取ってもらう

冷蔵庫を買い替えると同時に昔の冷蔵庫を引き取ってもらうという方法です。新しい冷蔵庫を届けてもらうときに引き取ってもらうことができます。リサイクル料金や収集運搬料金は必要になるので忘れないようにしましょう。

 

指定取引場所への持ち込み

事前に家電リサイクル券に必要事項を記入し、郵便局の窓口でリサイクル料金を支払うことで全国にある指定取引場所へ直接冷蔵庫を持ち込むことができます。自分で持ち運ぶことになるのでトラックなどの準備が必要になってきます。

 

最後に

いかがでしょうか。正しい方法で冷蔵庫をきちんと処分するようにしてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る