INDUSTRIAL DISPOSAL

マメ知識

2021.04.14

フロンガス使用のスプレー缶の処分方法

あれも捨てたい、これも捨てたい・・・でも捨てるにはルールがある!

皆様のオフィスから顔を出す産業廃棄物、処理の仕方はわかりづらいものですね。

そんな皆様の力になるために!産廃のお困りごとや疑問解決のお供をさせていただきます、ワタシが産廃マエストロです!

 

殺虫剤など皆さんが普段使っているスプレー缶。

中にはフロンガスが含まれていることがあることをご存じでしょうか?
スプレー缶はそのままゴミとして捨てると収集場所が火事になる危険性があります。
今回はそんなフロンガス使用のスプレー缶の処分についてご紹介します。


フロンガス使用のスプレーはいつものように処分ができない!

普段使っているスプレー缶の処分は中身を完全に使い切り、しっかりガス抜きを行ってから捨てるのがマナーです。
しかし、フロンガス入りのスプレー缶の場合は異なります。
フロンガスは特別な扱いで処分が必要になるため、そのまま捨ててはいけません。
フロンガスが特別な理由とは何でしょうか?


フロンガスは地球環境に悪い物質!

フロンガスはオゾン層を傷つける性質を持っていることから会議が開かれ、規制をかけることになり、フロンガスの使用は徐々に少なくなっています。
しかし完全に無くなるまでにかなりの時間を必要とされており、スプレーの他に電化製品にも使用されており十分な注意が必要です。


正しい処分方法とは?

フロンガス使用のスプレー缶はそのまま収集や処分ができません。
専門の業者に依頼する必要があります。
中身が少量でも入っているスプレー缶も同様の扱いとなります。
スプレー缶は処分が難しく、フロンガスが含まれているかどうかの確認、他のスプレー缶と同じように処分していいかしっかり確認をしておきましょう。


フロンガスを含んだ物の処分はジェイ・ポートにお任せください!

私たちジェイ・ポートは産業廃棄物はもちろん、フロンガスを含む家電やスプレーの回収と処分を行っております。
弊社は第一種フロン類回収業の許可証を取得しており、適切に処分します。
フロンガスは危険な物質なので自分で処分しようとせず私たちにお任せください!
ご依頼お待ちしております!

 

またこの度、経営革新計画の承認書をいただきました。

これは新事業に取り組み、「経営革新計画」として承認されると、夢の実現に近づくというとても心強い制度です。

ジェイ・ポートでは他社と違い、

 

・16品目受入可能(建設廃材から廃液まで)

・軽トラックから大型車まで引取可能

・日休み・祝日は午後5時まで営業

 

など、様々な利点があり安心してご利用いただけます。

何か不安や疑問点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

ジェイ・ポートでは、月一回お役立ち情報満載のメールマガジンを配信しております。

配信希望の方は jport5351newsletter@gmail.comに「メルマガ配信希望」とタイトルを入れて頂き空メールを送信してください。

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

J通信「産廃知恵袋」の最新情報をお届けします!

この記事を書いたスタッフ

断捨離マスター

断捨離マスター

不要な廃棄物の断捨離をサポートいたします!

記事一覧を見る